2017年03月09日

喫茶店の店主の想い・・・

こんにちは、家主のれいこです。家




松山に帰省していました。飛行機







お家を建てるため実家を壊す事になったので、その前に帰っておいで飛行機ということで・・・・

夫と一緒に・・・・。








宿泊はホテルに・・・・。




家主さんはホテルのモーニングはあまり好きではありません。





昔から残っているような喫茶店の方が好きで・・・・魅力を感じます。喫茶店













夫の定年後・・・・2人がこうなっていたいね黒ハートとゆう夢ができた家主さん夫婦かわいい








朝早くホテルを出て・・・・

朝の松山の気持ちの良い空気を感じながら、夫と歩いて喫茶店を探していました。るんるん






あ 目  あのお店いいんじゃない?黒ハート



2人が惹かれて入った喫茶店喫茶店






繁華街にある喫茶店・・・・喫茶店

夫と出会った20代・・・・繁華街で食事をしたり、飲みに行ったり色んなお店に行って過ごしたところ。るんるん



なので・・・

その喫茶店は入った事はないけれど、2人とも記憶にありました。ぴかぴか(新しい)










どっしりした木材の枠のガラス張りの外観・・・・

薄暗い灯りが漏れて、家主さんの好きな感じ黒ハート





ドアを開けて・・・目



モーニングしていますか?


たまごがまだ届いてないので、トーストとコーヒーで良ければ・・・・



なんだか・・・・ほっこり・・・わーい(嬉しい顔)









夫とカウンターに座りました。黒ハート

店内はカウンターのみ・・・。

7・8人座れるくらい・・・・






薄暗い店内に常連さんのような男性が一人、優雅な雰囲気で本を読んでいました。







どっしりした木材のカウンターに座って、店内を幸せな気持ちで見てた家主さん。ぴかぴか(新しい)




レコードが沢山・・・・・全部ジャズだそうです。




70代くらいの女性の店主は、良い感じの距離で立っていて・・・・

話しかたが心地いい・・・・ぴかぴか(新しい)





この喫茶店は50年前に亡き夫と始めたそうです。ぴかぴか(新しい)

内装には亡き夫のお客様への想いやこだわりがあって・・・・

そのお話はとっても心に残る良い内容でした。かわいい


50年も前に、そんな考え方をしていた亡きマスターに会ってみたかったなーって思いました。かわいい






家主さん達の夢にとっても響いて・・・・これも縁なのかなー・・・って感じながらコーヒーを飲んでいました。






松山に帰省した時には、必ず寄りたい場所になりました。喫茶店




プティカドーも・・・・お客様にそう思ってもらえるような場所になりたいな黒ハート



posted by れいこさん at 08:28| Comment(0) | 日記