2019年05月10日

母の日・・・・

こんにちは、家主のれいこです。家







明後日は母の日・・・・・・かわいい











愛媛の施設にいる高齢の母に・・・・・

生花を送ってあげようとパソコンで生花店を検索していた家主さん。目









でも・・・・どんなアレンジが届くのかを考えていたら・・・・

母に喜んでもらえるお花は、やっぱり家主さんがお花屋さんに行ってお花を選んで送りたいな。

県外だとなかなか難しい・・・・たらーっ(汗)









先に、母にお手紙を書くことにした家主さん・・・・・・わーい(嬉しい顔)









結婚して愛媛を出て20数年・・・・・

携帯もスマホもない時代、出かけて帰宅すると母からの留守番電話が必ず入っていました。電話

1日に3回くらい(笑)わーい(嬉しい顔)









留守番電話の内容は・・・・・・

れいこちゃん何してる?黒ハート  それだけ。わーい(嬉しい顔)








あまりにも毎日で・・・・(笑)

いつの間にかお互いの楽しみと・・・・元気の証みたいな、留守番電話になっていました。電話











そのうち、80歳くらいの時にメールを覚えた母携帯電話  









毎日メールが届くようになりました。携帯電話

夫と息子達はそんなおばあちゃんの事を、

スーパーおばあちゃんと呼んでいました(笑)わーい(嬉しい顔)











それから数年が経ち・・・・・・
メールが来なくなり、電話が多くなってきたんです。電話










家主さん・・・・

        お母さん、メールしなくなったの?

せっかく覚えたメールしないと、忘れて出来なくなっちゃうよふらふら








すると、母が・・・・・・

メールよりれいこちゃんの声の方が聞きたくなったからよわーい(嬉しい顔)










年老いた母からのその言葉は、嬉しくてずっと家主さんの心にあります黒ハート









その日から、家主さんと母は電話で話す事が毎日の日課になりました。電話











今母は携帯電話を持っていませんもうやだ〜(悲しい顔)

施設にいます。














当たり前に毎日電話で話していた頃が懐かしいです・・・わーい(嬉しい顔)



お花を一緒に作っていた頃が懐かしいです・・・・ぴかぴか(新しい)

って、お手紙に書いていたら、涙が出てきて・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
















母が喜んでくれるプレゼントは、家主さんの作ったお花ひらめきそう思いました。











家主さんがお花の勉強する事を、ずっと応援してくれたのは母なのでかわいい

母のアドバイスをもらいながら、アレンジを作っていた頃を思い出しながら・・・・・

母にお花を作りました。かわいい

DSC03778.JPG













お手紙とりく君のお宮参りの時の写真を添えて・・・・・黒ハート







母のベッドから見える所に置いて、あの頃を思い出してね黒ハート




posted by れいこさん at 12:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: