2019年09月20日

母、奇跡の回復

こんにちは、家主のれいこです家








次男から、親孝行プレゼントのイギリス旅行の話が出たのは2年前の事。わーい(嬉しい顔)








社会人になりたてだった次男は、その間に旅費を貯めてくれていました。ふくろ









イギリスに連れてってもらう事になった今年の夏、

愛媛の母が延命治療はどうしますか?の悪い状態になり、

家主さんは千葉と愛媛を行ったり来たりして、母の側に居ました。もうやだ〜(悲しい顔)









千葉に一旦帰る事になった最後の日の朝、母の容体が落ち着いて来ました。

もしかして・・・・回復する?わーい(嬉しい顔)そう思い医師に聞いてみたけれど、終末期だという返答。









次男が親孝行の為に貯めた旅費はもう払い込んでいたと聞き・・・・悩んでいた家主さん夫婦。













愛媛にいる友人のMちゃんから・・・・

「れいちゃん、今病室に来たんだけれど、

おばさん、看護師さんにゼリー状に溶いたお薬を口から飲ませてもらっえるよ」exclamation×2

と、すごく驚いて・・・・すごく喜んで電話をくれました。









母が生死をさまよっている時に、母の側に家主さんとずっと一緒にいてくれたMちゃん。

だからこそ、母の生命力にとても喜んでくれました。わーい(嬉しい顔)











それから1週間ほどたち・・・・

Mちゃんから再び電話が・・・・電話







「れいちゃん、おばさんの前にカラのお皿が三枚あるの目液状のお食事が出たんじゃないかなexclamation×2








口から食べたり飲んだりすることはもう出来ないと言われた終末期の母が、回復してくれてるもうやだ〜(悲しい顔)













Mちゃんも海外に行くことになっていたので、これで安心して行けるわーい(嬉しい顔)と、本当に家族のように
心配して・・・付き添ってくれて・・・回復を喜んでくれました。








奇跡っておこるんだぴかぴか(新しい)神様ありがとうって思った家主さん。







母の強い生命力とMちゃんにありがとう黒ハートという気持ちいっぱいで、次男からの親孝行旅行に
出発しました飛行機グッド(上向き矢印)


つづく・・・・飛行機
posted by れいこさん at 22:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: