2020年05月21日

移動ワゴン図書 ⓵

こんにちは、家主のれいこです。家






20年ほど前、母が脳梗塞で倒れて体が不自由になったことをきっかけに、

高齢者施設というのを知り、母と同じような思いをしている人がいることを目の当たりにしました。もうやだ〜(悲しい顔)








子供たちが成長していくと、時間を見つけて高齢者施設に関わるようになりました。手(グー)






介護の資格のない家主さんが、施設で役に立てることってありますかと尋ねたところ・・・・

家主さんに、高齢者の話し相手の役目を与えてくれました。わーい(嬉しい顔)


レクリエーションや、施設内の壁の季節の壁面画等・・・・(家主さんは独身の頃、保育所に勤めていたので季節の壁面画を作ることは好きでした。)

その施設は、家主さんにも出来る事をたくさん経験させてくださいました。わーい(嬉しい顔)









それから、ほかの施設で生花の講師のボランティアの声もかけて頂き、関わることが増えていきました。かわいい







今、家主さんは・・・ある施設で、

高齢者体操や、お話相手や、生花を活けたり、紅茶を淹れたり・・・・ティーパーティーをさせてもらっています。喫茶店ぴかぴか(新しい)




高齢者施設でティーパーティーをした時の写真です。喫茶店

おばあちゃまだけでなく、おじいちゃまたちも参加してくださり楽しかったです。

DSC_1814.JPG






DSC_1512.JPG





毎週図書館で、本を借りて目の見えないおばあちゃまには朗読をしていましたが、

コロナで図書館が閉まって困っていた家主さんは・・・・もうやだ〜(悲しい顔)









施設内で移動図書ワゴンを思いつきました。ひらめき

はーいわーい(嬉しい顔) ワゴン図書の時間でーすグッド(上向き矢印)


そう言って、おばあちゃまたちのテーブル一つひとつ回って、

会話をしながら読みたい本を手に取ってもらう。本ぴかぴか(新しい)








家主さんのお家の本たちを見まわしましたが、、寄付できる本は3冊くらいたらーっ(汗)









家主さんは、友人やご近所さんに本の寄付の協力の声掛けをしました。わーい(嬉しい顔)





声掛けした2日後から、家主さんのお家に本が届けられるようになって・・・・・本

10日もしないうちに、100冊を超えました。目本ぴかぴか(新しい)

DSC05913.JPG


つづく・・・・・かわいい




posted by れいこさん at 16:06| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
とーーっても素敵なティーパーティーですね(^^)
玲子先生らしい、エレガントなコーディネート♡
いいですねー!!
喜んでおられる方が沢山ですね(^∇^)
ピンクのカップで、美味しい紅茶を頂いたのを
よーーく覚えています。懐かしいですね。
玲子先生は、本当に一つ一つ、丁寧に向き合って人生を楽しんでおられるんだなぁ、、(o^^o)と、毎回思って、感動しています。
私は相変わらず元気です♪( ´θ`)ノ
ありがとうございました☆
Posted by あや at 2020年05月25日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: