2020年06月24日

母が天国へ・・・

こんにちは、家主のれいこです。家







家主さんの大好きな母が天国にいきました。ぴかぴか(新しい)







母が亡くなる数日前、お家の庭に鳩より少し小さめの鳥たちが15羽〜20羽くらい集まってきました。目







10分ほど鳥たちは窓際に座っていた家主さんの側で、ピーピーとずっと鳴き続けていたんです。

珍しくて・・・・家主さんはスマホで、写真と動画を撮りました。カメラ





写真を撮りながら・・・・・カメラぴかぴか(新しい)

8年前に母が家主さんのお家に来て一緒に暮らしていた時、

れいこちゃん、この木に鳥が来るんよわーい(嬉しい顔)そう言って、窓から見える木を眺めていた母を思い出していました。ぴかぴか(新しい)





今考えると・・・・
亡くなる前に愛媛の母が、鳥になって家主さんに会いに来てくれたような気がしました。ぴかぴか(新しい)








母が亡くなったと知らせを聞いた前日・・・・・

家主さんは、母にご飯を食べさせてあげてる夢を見て目が覚めました。目









葬儀に行く日の朝・・・・

夫と家主さんは、お家の電話の留守番電話のランプがピカピカと光っているのに気が付きました。目







ボタンを押してみると・・・・電話

「れいこちゃん・・・・」と母の声が流れてきたんです。





二年前に、母から留守番電話に入れられていた声が偶然流れたんです。

確かめてみると、録音されてる一番古いものでしたから、

誰かが一人でも留守番電話を入れていたら、二年前の母の声は自動的に消去されてたんだと思いました。電話






泣いてばかりいる家主さんに、母が

「れいこちゃん、側にいるよ」と言ってくれてるように思えました。ぴかぴか(新しい)








長男と次男と春ちゃんと孫のりくちゃんと家族6人で、母を天国に見送る為、愛媛へ飛行機


DSC_3802.JPG



母と撮った思い出の写真に家族一人一人がお手紙を書いて、棺に入れました。メール









これは、家主さんの夫が母にプレゼントしたウイック・・・・・。プレゼント

家主さんの夫の事が、大好きだった母・・・・このウイックを母は、大切に大切にしていました。ぴかぴか(新しい)

なので、このウイックも棺の中に・・・・。


IMG_2872.JPG







葬儀が終わり千葉に帰る日・・・・飛行機


2時の便だから、みんなが乗れるようにワゴン車のレンタカーも借りてることだし・・・

午前中みんなでどこか行こう車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)と、夫。








母や子供たちともよく行った夕焼けのきれいな海(双海)へ・・・・車(セダン)るんるん


都会育ちの春ちゃんに、愛媛の自然に触れてもらえるし、ぴかぴか(新しい)

息子たちは懐かしいと思うし・・・ぴかぴか(新しい)

りくちゃんにも元気いっぱい愛媛の自然に触れてもらいたい・・・・るんるん



と、いう事で・・・・

母との思い出の海へ・・・・車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

分骨した母のお骨と一緒に・・・・車(セダン)ぴかぴか(新しい)





お母さん、見える?

浜辺で・・・・長男、次男、春ちゃん、りくちゃん4人が遊んでるよ・・・・わーい(嬉しい顔)





今お母さんは・・・

生まれ変わったら、薫さん(家主さんの夫の名前)と結婚したいと言っていた、薫さんの手の中にいるよ。手(パー)ぴかぴか(新しい)


DSC_3875 - コピー (2).JPG



お母さん、これからはずっと一緒だね
私たちをずっと見守っていてね。ぴかぴか(新しい)

お母さん、ありがとうぴかぴか(新しい)

大好きだよわーい(嬉しい顔)





お母さんのお骨は、みんなが集まる部屋にしよう。

声も聞こえて賑やかのほうがお母さんも寂しくないからわーい(嬉しい顔)   と、夫。






夫や家族、友人たちの優しさで、家主さんの心が癒されていくのを感じます。

母を近くに感じますぴかぴか(新しい)

だから、家主さん元気です。ぴかぴか(新しい)


posted by れいこさん at 09:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: