2020年10月22日

今年も栗の渋皮煮を・・・

こんにちは、家主のれいこです。家









今年も母に教わった栗の渋皮煮を作りました。手(グー)












母が亡くなって初めての秋・・・・・枯れ葉










今までは、母が栗農家さんに、栗の皮を剥いて娘のところには送るようにお願いしていました。
(娘は皮を剥けないからと・・・) 7年間剥いた栗が届いていましたが、今年から剥けなくなったとの事。たらーっ(汗)

とっても申し訳そうに栗農家さんが言いました・・・・。







母が生きている間に、私が栗の渋皮煮を作ることが出来たのは、栗農家さんが剥いてくださってたお陰です。

本当にありがとうございました。わーい(嬉しい顔) と伝えました。









一緒に栗の皮を剥こうと言ってくれたきょうこさんのお陰で、うまく剥けるかな・・・という不安も、嬉しさに変わりました・・・るんるん








愛媛の栗農家さんから取り寄せた栗を水に浸して・・・・。

DSC06545.JPG





きょうこさんと栗剥きスタート・・・・手(グー)

DSC06553.JPG
             きょうこさんが剥いています手(グー)





母の思い出話もしながら・・・・・わーい(嬉しい顔)

きょうこさんも家主さんも栗の皮を剥く専用のはさみを持っていたけれど・・・・

両方使いながら・・・母は包丁で教えてくれていたから、その光景が目に浮かび・・・・ぴかぴか(新しい)

大変だけど包丁で頑張りたい気持ちに・・・・手(グー) なっていた家主さん。



DSC06547.JPG




ただ剥くのではなくて、渋皮を残して剥かなくてはいけない・・・・手(グー)

これが、なかなか難しいたらーっ(汗)




DSC06549 (2).JPG






家主さん・・・
       ねえねえ、失敗して栗を傷つけちゃうんだけど・・・・たらーっ(汗)

きょうこさん・・・
         なる、なるわーい(嬉しい顔)   私もなっちゃうよ





そっかわーい(嬉しい顔)
丁寧なきょうこさんんもなるのか・・・・ホっわーい(嬉しい顔)


DSC06551 (2).JPG

小さななまるい傷・・・包丁が入りすぎて、傷付けてしまったところです。ふらふら





あれexclamation&question

次の栗を取ろうとすると、剥きかけの栗が家主さんの前にコロンと増えていくの・・・・目

ん・・・exclamation&question  と思いながら転がってた剥きかけの栗を剥いて終わると・・・

またもう一つコロンと増えている・・・・

こんな風に半分くらい皮が剥かれているの・・・・目

DSC06544.JPG





そっか・・・・わーい(嬉しい顔)きょうこさんが半分くらい剥いて、剥きやすくなったところを、家主さんに渡してくれてるんだ黒ハート    優しい・・・・揺れるハート




きょうこさんて、お付き合いして長いけれど、ずっとこんな人・・・・かわいい

出会った時からずっと変わらない・・・・・かわいい


ずっとお友達でいたい人・・・・

母が教えてくれた栗の渋皮煮が、母が亡くなった後もきょうこさんと家主さんを繋げてくれてる気がします。

母はきょうこさんをとっても褒めていたから黒ハート





母の事を想いながら、きょうこさんと栗の皮むき・・・・・幸せな時間喫茶店



さあ  剥き終わったねーグッド(上向き矢印)

DSC06554.JPG





コトコト・・・・コトコト・・・・・


コトコト・・・・コトコト・・・・


ぷ〜ん・・・・甘いいい匂い・・・・・ぴかぴか(新しい)







天国のお母さん、今年も出来ましたわーい(嬉しい顔)

DSC06771.JPG



今年は今までで一番おいしくできたね、頑張りましたね、れいこさん手(チョキ) と、夫。

DSC06769.JPG

posted by れいこさん at 22:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: